ホーム展覧会広重の世界

生誕220年 歌川広重の世界 ー保永堂版東海道五十三次と江戸の四季ー

 保永堂版「東海道五十三次」は、歌川広重の代表作として、多くの人々に親しまれた作品です。広重作品の本質を知るためには、初摺の作品を知ることが大切です。平木コレクションの「保永堂版東海道」は、初摺(しょずり)の作品として高い評価を得ています。
ここでは、「初摺」の作品に、構図を変えた「変わり図」、文字やぼかしなどが変わる「後摺」と共に、広重の描く東海道の世界を満喫していただきます。
 その一方、広重自身が住む江戸の町や名所を数多く描きました。特に有名な「名所江戸百景」は、広重最晩年の大作ですが、ゴッホやモネなどの印象派の画家たちにも影響を与えたことでも知られています。
 広重は、風景の中に四季や気象の変化を巧みに取り入れ、日本人の感性に訴える風景画を創り上げました。広重の作品を見ることによって、現代の私たちも日本の風土美を堪能し、当時の人々と同じ感動を共有することができます。
 本展は、広重の代表作である保永堂版「東海道五十三次」と「名所江戸百景」を中心に、広重風景画の名品によって構成されています。
(会場によって、展示構成が変わる場合があります)

平成29年開催

◉岡山県立美術館
  「傑作 浮世絵 揃い踏み ー平木コレクションー」
「歌川広重の世界」展の内、東海道90点、名品コレクション点110点からなる展覧会
  会  期:2017年7月14日(金)〜2017年8月27日(日)
  開館時間:午前9時〜午後5時(ご入館は、午後4時半まで)
  休  館  日: 月曜日(祝日の場合は翌火曜日、8月14日は開館)
  会  場:〒700-0814 岡山市北区天神町8−48  tel: 086- 225− 0648 

◉ひろしま美術館
  「平木コレクション 生誕220年 歌川広重の世界」     
  会  期:2018年1月3日(水)〜2018年2月12日(月・振休)会期中無休 
  会  場:〒730-0011 広島市中区基町3−2(中央公園内) tel:082-223-2530 

美術館「えき」KYOTO     2016年2月19日(金)〜2016年3月27日(日)
長野県信濃美術館       2016年9月16日(金)〜2016年10月16日(日)
松坂屋美術館         2016年10月22日(土)〜2016年11月20日(日)

ホームへ